ゲーム

「メタボリズムの未来都市展」 at 森美術館 & 「ドラゴンクエスト展」 at 森アーツセンターギャラリー

六本木ヒルズは数回行ったことがありますが、展望台上ったのは初めて。
天気がよかったので素晴らしい眺めでした。
夜までいたので、夜景も楽しめて二度おいしい!

さて、「メタボリズムの未来都市展」の方は、精巧な建築設計図やミニチュアセットに見入りましたが、60年代に構想された空中都市や海上都市の姿には本当に驚かされました。
今もって見ても、それはまだ実現していない未来の姿です。
というより諸事情で実現できないのか!?
1970年の大阪万博、おまつり広場とか太陽の塔に各パビリオンの設計も、革新的でやはりすごいものがあります。
この時代に描かれていた未来の姿はどこにいってしまったのか・・本当の未来である今の姿を思うと、失われたパラレルワールドを見ているようで、なんだか悲しいようなひどく複雑な気持ちになりました。
今もすごい建築物は沢山ありますが、なんでしょう、未来の形にこめられた想いが違っているんですよね・・未来への夢の形?

現実からバーチャルな世界へ。

ドラゴンクエスト展」は、25周年記念で催されたものです。
並んだし混んでたし、でもドラクエはやっぱりいいですわ~。
私は、VIから入りましたが、ラスボス直前に冒険の書が消えるという不運に意気消沈し、クリアならず。
IXはDSやりたくないため(画面小さすぎ)未プレイ(子供達は遊びました)
25周年記念でリメイクされたIIが途中で、IIIはこれから。
他は全部プレイ済みという、ドラクエ好きです。
娘は、鳥山明の原画に大興奮。
娘にとっての、ドラクエワールドへのキメラのつばさが鳥山明の画なら、私にとってはすぎやまこういちの音楽でしょうか。
曲聴いてるだけで懐かしくて血が沸く(笑)、肉が躍る(嘘)
殆ど大人の来場者ばかりでしたが、みんな大きな子供状態、とても楽しそうでした。
世界観は一つなのに、プレイした各人それぞれの世界が広がってる、そんなドラクエワールドの魔法を感じました。
グッズ売場も大人買いの世界(笑)
私も再びドラクエ・モードに突入してしまい、オケバージョンのCDをここ数日でいきなり四枚購入・・(^^;)
大きすぎる子供になってます(^^;;;;;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月のアクセスTOP3&近況

少しずつ暇をみて、FF XIIをプレイしています。
とにかくちょっとずつなので、なかなか進まないのですが、バルフレアがお気に入り。
ムービー見てるだけでもよく出来てて面白いし、ガンビットで戦闘もいちいちコマンド入れなくていいから楽しています。
なんかスターウォーズに似てる気するけど・・いろいろと。
でもそれでもやはり面白い。

4月のTOP3です。

☆お気に入り映画の中では・・
1.  ビッグ・ウェンズデー
2. ダーティ・ハリー
3. ブラス!(これ入ったの珍しいかも)

☆コーナー作ってない作品でよく検索されたらしいのは・・
1. ダージリン急行(これは私にはヒットでした。面白い映画でした)
2. 泉のセイレーン(先月も多かったのですが・・)
3. ナイルに死す(「ナイル殺人事件」より原作タイトルです)

☆俳優
1. ブラッド・ピット
2. トミー・リー・ジョーンズ(「ノーカントリー」よかったので原作本買ってしまいましたがまだ読んでない(^^;))
3. サム・ニール

☆女優
1. メグ・ライアン
2. ナタリー・ポートマン(「マイ・ブルーベリー・ナイツ」でも印象的な演技でした)
3. ハル・ベリー(「悲しみが乾くまで」なかなかよかったと思います)

☆上記に含まれない検索ワード
1. ホリー・ハンター
2. オードリー・ヘップバーン
3. エイダン・クイン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月のアクセスTOP3&近況

☆GAME
「ぼくのなつやすみ3」が近々発売されるようですが、PS3はウチにはないので、今頃ですが娘が買ってきた「ぼくのなつやすみ2」を借りてちょっと始めてみました。
ほのぼの~まったり~海釣りが楽しいです(笑)
はまりそうです・・

アクセスTOP3です。

☆お気に入り映画の中では・・
1.  ダーティ・ハリー(これは絶対「ゾディアック」の影響だと思います)
2. ビッグ・ウェンズデー
3. レザボア・ドッグズ

☆コーナー作ってない作品でよく検索されたらしいのは・・
1. ゾディアック(なかなか面白く見られました。さすがはフィンチャー)
2. ドクトル・ジバゴ(映画版の方が未見なので、そちらも見比べてみたいです)
3. 終わりで始まりの四日間

☆俳優
1. ヒュー・ジャックマン(「プレステージ」面白かったし、ヒューもとてもかっこよかったです)
2. サム・ニール(ドラマ版「ドクトル・ジバゴ」がBS2で再放送されたせいではないでしょうか)
3. イライジャ・ウッド

☆女優(三人とも先月と同じです)
1. キルスティン・ダンスト
2. ハル・ベリー
3. ジュリエット・ルイス

☆上記に含まれない検索ワード
1. エイダン・クイン
2. ブラッド・ピット
3. 事件(これもゾディアック絡みなんじゃないかと思われます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月のアクセスTOP3&近況

今年は暖冬ですが、受験シーズンが到来して、去年の今頃は・・と一年前に思いを馳せてみたりして。
朝早く日の出前から出掛けたり、保護者待機場所で公開された試験問題を見てハラハラしながら勝手に一喜一憂したり、発表の時間までの数十分がやはり落ち着かなかったり・・今の生活はその延長線上なので、この時期がくると懐かしく思い出されます。
娘もそうみたいで、今年の合格発表掲示を見て「(去年の)私の番号がない」とか「あった」とか友達とひとしきり騒いだようで(笑)
受験生とその保護者の皆さん頑張って☆と軽くエールを贈ってみたり。

☆GAME
「聖剣伝説4」をぼちぼち、本当にぼちぼちやってみたりしているんですが、私の苦手なアクション系、パーティー組めないし、序盤は操作に慣れるまで苦労しました(^^;)
やっと考えないで指が動くようになってきたかな・・息子はこういうの得意なんですが、私は前途多難そう(涙)

では1月のアクセスTOP3を・・。

☆お気に入り映画の中では・・
1.  ダーティ・ハリー
2. わが心のボルチモア
3. ビッグ・ウェンズデー

☆コーナー作ってない作品でよく検索されたらしいのは・・
1. ゾディアック(これを作品名と考えてよいならば・・)
2. シンドバット七つの海の伝説(申し訳ないですが未見です)
3. 終わりで始まりの四日間(機会がきたら是非チェックしたい作品です)

☆俳優
1. ダニエル・ラドクリフ(「エキウス」のポスターのせい?すごく大人っぽくなった印象・・)
2. ブラッド・ピット(「バベル」があって「ディパーテッド」のプロデューサーで)
3. ヒュー・ジャックマン(「プレステージ」が楽しみ。ユアン・マクレガーとの共演作も楽しみです)

☆女優
1. キルスティン・ダンスト(「マリー・アントワネット」効果でしょう。爆発してます。まだ観てないけど)
2. メグ・ライアン
3. ハル・ベリー(なんとなくラジー賞絡みで引き合いに出されることが多い気が(^^;))

☆上記に含まれない検索ワード(また人名ばかりとなりました)
1. ジュリエット・ルイス
2. ハーヴェイ・カイテル(ジョン・レグイザモも出演する犯罪スリラーに出演交渉中なんだとか)
3. ナタリー・ポートマン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月のアクセスTOP3&近況

☆GAME
DQやFFその他幾つかのゲームが廉価で再発売されていたので、DQ8を購入してしまいました・・暇を見つけてちょっとずつやり始めたため、PCや映画の時間が激しく削られています(笑)

☆MUSIC
スティングの最新盤「ラビリンス」を購入。
今聴きながらなのですが、リュート伴奏でジョン・ダウランドの歌曲とは・・昔、音楽史で習ったなぁ。
素朴で古典的な要素と結構アグレッシヴなアレンジ&歌声の融合が、摩訶不思議な世界を作り出しています。

では先月のTOP3を。

☆お気に入り映画の中では・・
1.  ビッグ・ウェンズテー(どうしてこんな多いの?って不思議なくらい突出してます。何故?)
2. ダーティーハリー
3. ザッツ・エンターテイメント

☆コーナー作ってない作品でよく検索されたらしいのは・・
1. X-MEN(さすがというかやっぱりというか。)
2. イン・ドリームス 殺意の森(深夜に放送されたんですよね、作品としては私はアレアレ?という印象だったのですが)
3. オペラ座の怪人

☆俳優
1. エドワード・ノートン(これは新作「イリュージョニスト」のせいでしょうか?そうだったら嬉しいな)
2. ブラッド・ピット
3. ジーン・ケリー

☆女優・・ダントツの三強でした。
1. アンナ・パキン(間違いなくローグです。すっごいですね、こんなの初めてでは?)
2. キルスティン・ダンスト
3. ハル・ベリー(間違いなくストームです。でもローグはその1.5倍ほど)

☆上記に含まれない検索ワード
1. ストーム(「X-MEN」の影響こちらも。)
2. ダニエル・ラドクリフ
3. ローグ(再び「X-MEN」)
ちなみにウチのサイトでは、X-MEN関係キャラではアイスマン、パイロ、ウルヴァリン、マグニートーと続いてました。
意外にヒュー・ジャックマン少ないんだよね・・ファンサイト多いからだと思われますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FFVII アドベント・チンドレン

GWということで少しゆっくり時間があるものだから、息子が見せてくれたDVDです。
あのFFVIIの完全続編にあたるハイクォリティーCGムービーですね。
ストーリーは、あの戦いの二年後、デリバリーサービスを請け負いながら孤児達と暮らしているクラウドの物語。
旧友ザックや古代種エアリスの死(二度目のプレイではエアリスが死ぬ前に必殺技をMAXまでせっせと育てたもんでした)から立ち直れないまま、魔洸中毒の後遺症もひきずって心を閉ざしてるクラウドさんに、新たに戦いを挑んでくる三人組が。
楽しいのは、あの懐かしいゲームキャラがリアルな姿と動きでまるで命を与えられたかのように生き生きと登場してくることでしょう。
私はヴィンセントのファンだった(大事に育ててモンスターに変身させては喜んでたバカ)のですが、さすがにかっこよく描かれてるな~しかし「ダージュ・オブ・ケルベロス」は苦手なシューティングアクションなのでやってない・・)
敵キャラも子供までも美形揃いだし。
んが・・あれだけリアルだとまたオヤジ好きの血が頭をもたげ、シドが気に入ってしまった(笑)
かっこいいな~シド親父。
ティファもユフィも魅力的ですが、バレットはちょっとイメージと違うかな、あとナナキも微妙かな・・。
それにしてもあのリアリティは驚きの技術ですが、それと作り物っぽさのバランスがどうも微妙です。
そりゃあ、リアリティに徹してしまったらCGで全て見せる意味がなくなってしまうのですが・・どんなものなんでしょう、以前公開した映画作品で失敗したように(私は見ていませんが)、技術は間違いなく素晴らしいけれどまだ何かが足りないのでしょうか・・。
当然戦闘アクションが豊富でしたが、その時間的量的多さのわりに私はもう一つピンときませんでした。
クラウドのバイクチェイスよりレノとルードの凸凹戦闘シーンの方が楽しかったですし・・それは好みの問題か。
そして特典でついてる以前のFFVIIのダイジェスト映像が懐かしく、いろいろ忘れていたけどその世界観の壮大さには改めて驚かされました。
こっちと較べると、この「アドベント・チルドレン」はあくまでも軽い続編で番外編の域にスッポリで、単独の映画作品としてはゲームをやらない層には楽しむのは難しいというか、たぶん内容が理解できないのではないでしょうか。
もっと強力なシナリオが必要です、ゲームのシナリオはよく出来てたんですから。
こんなの見るとまたゲームやりたくなっちゃうんだけど・・今は新しいゲームにハマる余裕も体力もちょっとなくて。
ウチのプレステ2もかなりもうお疲れな上、ゲームにハマると思い切り生活圧迫してくれるんですよね(苦笑)
そりゃ、やり込む自分が悪い(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャスト オーギャであそぶ

最近急速にあちこちで見かけるようになったキャストパズル
最初に見かけたのは、指輪奉納でイライジャ・ウッドが来日した時に、フジテレビのリポーターがプレゼントしたキャスト リング。
同じものを見かけて、店頭で他のも見てたら、数日後我が家にもオーギャが。
連れ帰ったのは私ではありませんが(笑)

レベル3というだけあって(難易度最高はレベル6。ちなみに我が家二つめのキャストパズルがこのレベル。まだ私はクリア出来てないので出来たらご紹介・笑)、カシャカシャ適当にやりながら、歯と差込口を観察してるとそのうちはずれました。
一度はずれると元に戻すのは比較的楽です。
ポイントがわかると、次からはずすのも簡単になります。

しかし一つだけ問題が。
カシャカシャやってると、両手がまるで十円玉握り締めてたような匂いになるの(爆)
遊び終わったら、即石鹸で手を洗わないと、他のものに触る気する起きません。うはは・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)