舞台

劇団四季 「アラジン」

チケット手配してから5ヶ月。
満員御礼の客席で楽しむ、楽しくて素晴らしい時間でした。
本当に魔法のように現れ消えるスタンドマイクや、床下から華麗に登場するジーニーや男性ダンサー達、衣装の早替えに目をこらしつつ、セットが美しくてただただ素敵。
最大の関心事は、「A HOLE NEW WORLD」を舞台でどう見せるかだったのですが、地球を飛び出して宇宙規模の壮大な浪漫飛行という、突き抜けた表現に理想を見た思いで拍手喝采でした。
音楽はいわずもがな。
「FRIEND LIKE ME」の、これでもか、これでもか、これでもか、これでもか!!!っていうくらいの楽しませ方は最高すぎる!!!
あんなチャーミングで贅沢なメドレーが聴けるとは知らなかったので、楽しさで打ちのめされました。
リピーターも多いし、もう客席が、ジーニーの登場から「FRIEND LIKE ME」に向けて「もうじきくるよ、くるよ、くるよ、キターーー\(^o^)/」って感じでボルテージがぐんぐん高まっていくのが空気でわかるんです。
そこに一緒に身を浸しているのが心地よい。

ジーニーの萩原隆匡さん。シュッとしていてとにかくスマート、歌もうまいしダンスがすごくうまい!御伽噺というよりは現代的なキレ者ジーニーという感じで、隙なく満遍なく楽しませてくれました♪
若さいっぱい、まっすぐな魅力がはじける小林唯さんのアラジン、強くてキュートで安定感抜群の岡本瑞恵さんのジャスミン。
それから牧野公昭さんのジャファー、いい声すぎてヤバイ。魔法にかけられそうな、うっとりボイス。私だったら即、国をのっとられる。
イアーゴの野口雅史さんの芸達者ぶりも際立っていました。
いやぁ皆さん、ホント歌がお上手です。アンサンブルも素晴らしいです。

やっぱり四季の舞台楽しい~~このレベルの刺激を時々注入しないと、魂の潤いがちょっと減るかも・・と自分で思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「記憶のパズル」 at 俳優座劇場

突発的な出来事でチケットがおじゃんになると悲しいので、ぎりぎりまで様子見てチケットとって観劇しました。
観劇の二日後に予期していた出来事が起こったのですが、森組芝居の主宰者であり脚本家である森治美さんが幕が上がる二日前に亡くなっていたというのを後で知り、驚きました。
そんな異変の影は、舞台からは全く感じられませんでしたけど、間違いなく追悼の意は込められていたでしょう。

心揺れている女性が、銀座の不思議な質店に立ち寄り、記憶を辿って心のさざなみを落ち着かせる。
女性と連絡がとれなくなった夫が、女性の知人を訪ね歩き、彼女らの記憶のピースを分けてもらって、妻に対する記憶のパズルを補完していく物語・・と、大筋はこんな感じかと思います。
俳優さん達の声やセリフがとても聞き取りやすく、安定したファンタジックなラブストーリーになっていました。

内海さん初座長公演かと思ってしまいますが、「二人でお茶を」という記憶のピースがありますぞ、私には。
でもあっちは主演二人か。名前トップじゃなかったですね。
なんというか、腰の低い控え目な座長で、三波豊和さん(レミゼで鍛えた喉も素晴らしい)のサポートが大変ありがたく感じられました。
今回の役の若い頃みたいな(「これから物語」と同じ脚本家。御曹司という共通項)藤岡茂にも、今は亡き寺田農氏がついて下さってたし・・いやいや。
しかし45歳、自動車会社二代目社長、子供二人・・という役。
時空の狭間に放り込まれたのはこっちで、あんな超~長い足の、浮世離れしたカッコよさというルックスと雰囲気を纏ったお父さんなんて、日本に普通にいるもんなんですか!!?
私が息子だったらまず確実にグレるし、娘だったら彼氏もできないレヴェル。
もう成人してそうな役者さんに「パパ」とか呼ばれてるの聞いて、爆死しかけました。
10歳で生んだ子供かい!!
ある意味、すごく難しい役ですよね、リアリティ出すの・・・いやはや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「瞑るおおかみ黒き鴨」 at 天王洲銀河劇場

お線香買って抽選で招待される舞台は、今のところお線香の需要がないのでスルーさせて頂き、今回も若い役者さん大量出演だし、忙しい時期だったのでスルーのつもりでおりました。
が。
幕があいてみたら、なんか評判いいじゃないですか!
スケジュールとチケット状況調べて、唯一観劇可能な回(あってよかった・・)を急遽おさえて馳せ参じました。

2.5ではないのですが、イキのいい若い俳優さん(殆ど男性)がワラワラ出てて、一種独特のカラーの舞台で、私などもう初めてのジャンルなワケで、どうかな~と思ったんですけど、正直、今までも内海さん目当てで観た中高年向け商業演劇のいくつかよりはずっと面白かったです。
主人公が新選組の一人で、戊辰戦争から西南の役までの激動の時代を生き残っていく話なんですが、殺陣が非常に多くて、それも激しかったり華麗だったりで、鍛錬の賜物であろう見ものなので感心しきりでした。
出演者それぞれに見せ場も怠りなく用意されてますし、個性も際立ってて、よく練られた作品だと思いました。
ホント、一人ひとりを魅力的に見せてくれてるし、役者さん達もすごく頑張ってます。

で内海さん。
スタイルのよさが映える衣装、それで立ち姿とか身のこなしとか、かつて培ったダンスの個性とリンクして、そこにいるだけで絵になる美しさ。
発声とか話し方がちょっと若いなという印象も受けたんですが、山縣有朋をやってまして、有朋ver.の抑えた演技と、狂介ver.の暴れ犬具合の対比がすごくよくて、特に狂介が出色でした。
内海さんには、これからもビジュアルが大事な舞台で演技する機会がふえたらいいね・・と思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ジャージー・ボーイズ」 at シアターオーブ

いや~もう最高。
音楽そのものが主役だと、ここまで強く感じたミュージカルは初めてかも。
歌、演奏、楽曲、そのどれもがすごいボルテージで楽しませてくれました。
場面転換がすこぶるスムーズで、全体が素晴らしく快調なテンポで進み、あっという間の三時間弱。
実にうまく作られた作品ですね。
映画が素晴らしかったのは、この傑作オリジナル舞台があったからこそ。
どっちがってのはアレですけど、映画を先に見た日本の観客は幸せだったんじゃないかと思います。
やっぱり舞台が先だったらね、あのテンポのよさから来る爽快感と熱狂は映画には望めないかも・・と思うので。
でも映画にも良さがありますよ。街灯の下で歌う四人が見られたんですからね。
舞台では、「FALLIN' ANGEL」が沁みました・・それから「STAY」からの流れが秀逸。
一人減り、二人減り・・をとてもうまく見せてくれます。
仲間を次々失ったフランキーの寂しさが、とてもはっきり、もう皮膚感覚で理解できました。
生ってやっぱり素晴らしい。あと2回は見たいんですけど、かなわないのがホント悲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミュージカル「ダブル」 at シアター1010

最大のポイントは、いっこく堂の腹話術によるミュージカルだということ。
いっこく堂演じる腹話術師の宗次郎と、人形の健太が、それぞれ別の人格を持ち、両者とも歌まで歌うということ。
すごいのは知ってたけど、目の前で実演見ると、やっぱりすごいですよ!!とんでもなく。
息つかぬかけ合いを表情、身振り、声で演じ分け、かつ歌も爽やかにうまくて、健太の時もすごい声量で明確な言葉で歌っちゃうんですよ!口は息継ぎ以外開いてません。
ヒロインの愛華みれさんは、グラマラスな体型で男装も披露。
そして内海光司がMC。「キャバレー」のアラン・カミングみたいな、ああいう狂言回しの役。
これがですね、彼のヴィジュアルと身のこなしにものすごく注意を奪われて、早口の口上に集中できず、物語の理解度が低下するという、嬉し困った事案が発生。
ダンスとローラースケートを見られたという、おいしさと、歌はなしという奇妙な安堵感(笑)
のびやかに、楽しげに道化も演じる姿は、すっごく”らしくて”ハマッており、あまりの体の細さと不思議ちゃんしてる雰囲気で、人外レヴェルの存在感。
一人だけ完全に別世界の生き物してました。
そんなこんなで、ざっくりとしか内容つかめなかったので、もう一度見たい気分です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「雨に唄えば」 at シアターオーブ

「ジャージー・ボーイズ」が来年6月来日すると知り、
「シアターオーブって、今「雨に唄えば」やってるよ。前売りの時、行こうかどうするか迷ってたんだけど」
「じゃあ、行こうよ!オーブ行ったことないからどんな所か見たいし」
「えっ、マジで?じゃあチケットとっちゃうよ!?」
ということで、オーブ視察を兼ねて?急遽チケットおさえたので、S席なのに2階席後方、ステージ遠い・・(T_T)
あんな遠くから舞台見たのたぶん初めてです、私は。ドームやアリーナコンのスタンド席ならいざしらず。

「雨に唄えば」は、私の人生を変えた映画と言って過言ではないので、本当に好きなんですが、劇場ロビーでミュージカルのサントラが流れてて、口ずさんじゃうくらい気分が盛り上がり、ステージ始まってイントロダクションの音楽が華麗に演奏された途端、目がウルウル。
音楽最高、楽しさ最高、やっぱり最高峰のミュージカル作品であることを再認識。
アダム・クーパーは、腕というか指の動きというか、踊りが本当に優雅。
雨を降らせて水蹴散らして(雨合羽やビニールシートで嬉しげに水をよける1階席前列のお客さん見るのがまた楽しい・笑)、の♪Singin' In the Rainでは、ターンもジャンプもさすがに素晴らしい。
踊りが素敵なのはバレエダンサーなので当然として、驚くべきはその歌のうまさ!
隅々まで素晴らしい舞台で、休憩中ずっとステージ上にモップかけてた方々にも拍手を送りたいです。

そして今頃気づいたことが一つ。
リナがキャシーの吹き替えで舞台で歌うのが「Would You」だったんですが、映画では「Singin' In the Rain」だったんです。
でもドンとリナの映画「Dancing Cavalier」の劇中歌は「Would You」なんですから、観客のリクエストに応えて歌うのは「Would You」が正しいわけで。
じゃ、映画はなぜ「Singin' In The Rain」だったのか・・実はキャシーが歌った「Would You」は実際にはデビー・レイノルズの歌を別人が吹き替えているんですね。
だからリナの吹き替えのキャシーをさらに吹き替えるんじゃなくて、デビー自身が歌える「Singin'~」にしたのかな、なんて思ったりした次第です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「4フィール」 at 青山円形劇場

青山円形劇場は初めてです。
自席を見つけて前方を見やった途端、驚愕。
「この円形のがステージだよね・・!?ここで演技するってことだよね!?」
近い!!!近すぎる!!!!!
結論。凄く贅沢な空間でした。
閉場するなんて、大変惜しまれます・・この醍醐味を経験できてよかった・・。

小野寺丈さん主催のJoe Companyの劇で、4部構成、休憩をはさまないノンストップの約2時間。
1~3部はそれぞれ独立した話になっていますが、4部で3つのピースが繋がり、全体の絵が見えてくる仕掛け。
よくまとまってて、セットがない分、自由で、円形であることを生かした実に工夫を凝らされたステージングで、もうもう感心しまくりでした。
すごく面白かったです。
笑って笑って笑って(&見とれて見とれて見とれて・笑)、最後にじ~~ん。
個人的には2部が好き。
サスペンスの香り、床に横たわる彼、抱き上げられる彼、いきなり振り向く彼。

私が見とれてた彼は、内海光司さん。
いろいろあってすっかりご無沙汰だったんですが(私の方に・・あ、彼もですか^^;)、うーん、超絶長い脚。
改めてガン見してしまうほっそーーーーーーーーい身体。
かっこいいという設定の謎めいた青年役(もう立派に中年の年齢なのにダイジョーブ)だったので、いろいろととてもおいしい。
丈さんは、3部のあっくん見てて、さすがにうまいなぁと思いました。
新鮮な楽しさにあふれていて、とにかくエイッと見に行ってよかったです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

劇団四季「リトル・マーメイド」 

娘のリクエストでチケットとったのが、ゴールデンウイークの頃。
あれからいろいろありました・・・、でようやく観劇本番。
冬休みらしく、劇場は小学生くらいの子供たちがいっぱい。
その殆どが女の子で、ディズニープリンセス、アリエルの人気の高さを実感すると共に、こんな年頃にミュージカルのようなスペクタクルな体験が出来るなんて素敵ね♪と思いました。
そして、小さなお友達の観劇マナーのよさに驚かされました。
みんな、本当に静かに行儀よく見てて、全然気にならないんですよ、大きなお姉さんのお喋りの方が気になったくらいで。
でも飯野おさみさん演じるセバスチャンのジョークに可愛らしい笑い声が起きたり、岩城雄太さん演じるジョニデの香りがするシェフ・ルイのナンバーでは会場いっぱいに子供たちの大爆笑がはじけ、楽しかったです。

ステージの方は、簡素なようで工夫された美術が魅力的で、アリエルが海に沈む王子を助けるシーンなどたいそう美しかったです。
私はエイが好き(笑)
谷原志音さんのアリエルは、氷のように澄み切った歌声とはちょっと違うけど、無邪気で愛らしいプリンセスぶりで、代表的なナンバーの歌い始めの音の連なりは、アラン・メンケンマジック♪
セバスチャンメインの「あんだーだしぃー♪」(オリジナルのこの発音がなんか好きです。笑)が好きかな~やっぱり。
ハッピーエンドにどうしても違和感を感じちゃう、頭の固い私ですが、わかりやすいストーリーと親しみやすさ、久しぶりの生舞台で、とても楽しめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝塚歌劇団花組公演 「サン・テグジュペリ」「コンガ!」

縁あって観ることになった宝塚。
初・宝塚と思っていたのですが、母の話によると、うんと小さい頃に何回か連れてったことがあるそうです。
でも小さすぎて全然覚えてない!!
だから気持ち的には、やっぱり初・宝塚です。

まず思ったのは、舞台転換のスムーズさ。
暗転して、殆ど待つこともなくもう次のセットなのは、さすがというか見事でした。
それから衣装の豪華さ、種類の多さ。
トップスターが何着の衣装を着用したか、思い出すこともできないくらい豊富です。
そしてダンスがうまい&美しい、指の先まで見せ方がうまい♪
当然、オール女性が演じてるんですが、リフティングまで安定してできちゃうんですよ?すごい!!!!
伝統と日頃の鍛錬を感じさせる、楽しくてレヴェルの高いステージでした。
ただ、男役の方が何人もで演技する場面になると、マイクで拾った声がみんな同じ所から聞こえてきて、やはり基本的に発声や声質が似ているため、誰が喋っているのか口の動きで探さないとわかりにくいというのがありました。
このへんは、多分私が初心者だからなんでしょうが・・。
それに男役みんなカッコイイし(爆)

さて、サン・テグジュペリといえば、「夜間飛行」持ってるのに未読なので、まずはそこから復習?します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「横浜キャッツ」 at キャノン キャッツシアター

「CATS」は二度目です。
やっぱりシアターのセットが見事だし(開演前、たまごっちがお客さんに人気でした)、音楽も作品構成も見せ方も飽きのこない隙のなさだし。
今回のグリザベラは佐渡寧子さん。
初・佐渡さんだー美貌と深みのあるソプラノで、さっすがという感じでした(握手もしてもらえたv)
アスパラガス=グロールタイガーが歌うまいなーと思ったら、飯田洋輔さん。
昨年見た「美女と野獣」のビーストさんです。
以前見た「CATS」でオチャメなラム・タム・タガーやってた武藤寛さんが、今回マンカストラップに格上げされてました。
「かっこいいー」と娘の弁。
ディミータの増本藍さんの歌もよかったですね。
彼女とボンバルリーナの「マキャヴィティ・イズ・ナット・ゼア♪」が好きなんです、セクシーでワイルドで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)