映画(わ行)

更新情報 2017/2/26 「南太平洋」「ワールズ・エンド」

CINEMA......「南太平洋」、「ワールズ・エンド」の感想をアップ。

時間がなかなかとれず、ちょっと前に見た映画の感想を今頃まとめてアップすることに。
今週上映の始まった映画で観たいのが3本もあるのに、全部観に行けるでしょうか・・あああ。

「ワールズ・エンド」は、マーティン・フリーマンがかわいくて、さらに好きになりました。
「南太平洋」は、映画は明らかに初見なのに、出てくるナンバーが知ってるのばかりで、なぜ知ってるんだ??と考えてたら、遠い記憶が浮上。
サントラを持ってたはず・・家探ししたのに出てこず、持ってたのがCDでなくLPだったことも思い出しました・・そりゃここにはないわ。
映画観てないのにどうしてサントラ聴いてたかというと、THE POLICEファンだったので英国音楽チャートもチェックしてて、当時全英NO.1になった「HAPPY TALK」が気に入り、オリジナルのミュージカル・サントラを聴いてたんですね。
誰だっけ、歌ってたミュージシャン・・YouTubeで検索したら、あったーーーー!!!!!
「CAPTAIN SENSIBLE」!!
懐かしくて涙出そうになりました。
ありがとうYouTube。 ありがとう動画アップしてくれた人。
どうしても手元にお迎えしたくなり、一曲のために彼のCDをポチリ(笑)
誰が歌っても名曲。リチャード・ロジャースは偉大。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/11/7 「われらが背きし者」

CINEMA......「われらが背きし者」の感想をアップ。
ACTOR......ユアン・マクレガーに「われらが背きし者」を追加。

巻き込まれユアンをたっぷり見られた本作。
今現在、ユアンの出演作がもう1本、「ジェーン」が公開されているのですが、こちらがなんと一日2回上映になってて、しかも時間的にちょっときつく、果たして観に行けるかどうか・・。
ユアンといえば、実写版「美女と野獣」でのヴィジュアルが公開されましたが、コレ魔法がとけないと顔が拝めんヤツでは・・(T_T)
まあ「BE OUR GUEST」の歌声楽しみにしているんだから・・と、我を慰めてみる(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2013/9/9 「ワールド・ウォーZ」

CINEMA......「ワールド・ウォーZ」の感想をアップ。
ACTOR......ブラッド・ピットに「ワールド・ウォーZ」を追加。

先月は一本も映画館に見に行けなかったので、今月になってもう二本。
今月は、公開予定のも含めてさらにあと四本見たいのがあることがわかり、どれだけ行けるでしょうか・・。
3Dのものは、2D上映館探して行ったりしてるので、この「ワールド・ウォーZ」も2Dで見ました。
最初の方のゾンビ襲撃シーンは、カメラの動きが早くてしかも揺れてて、目がついていけない部分も(T_T)
これで3Dだったらどうなってるやら(冷や汗)
「ウルヴァリン」も2Dで見たいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2010/10/24 「わたしの可愛い人シェリ」

CINEMA......「わたしの可愛い人 シェリ」の感想をアップ。
ACTRESS......ミシェル・ファイファーに「わたしの可愛い人 シェリ」を追加。

もっとネチッとしているかと思ったら、驚くほど軽やかで見やすい作品の持ち味、ミシェル・ファイファー52歳の見事な肢体の美しさ、洗練されたドレス姿、もちろん確かな演技力。
それらと共にもう一つ、かなりな発見だと思ったのが、ミシェル演じるレアのメイド、ローズの役がフランシス・トメルティ。
この名前にすぐピンときました。
スティングの元奥様ですよね・・お姿拝見したのは初めてなのですが。
スティング来年一月の来日公演行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2006/6/11 「WATARIDORI」

CINEMA......「WATARIDORI」の感想をアップ。

動物ドキュメンタリー好きな娘が、この映画を見ながら言いました。
「いいな~鳥は。飛べて泳げて陸も歩けて。」
飛べるのがいいな、というのは私も同感です。
渡りの苦難は大変なものだと知りながら、彼らが見下ろす地球のすがたの中には絶景と言えるものがありました。
NYの夜景も美しかったし、ツインタワーの姿が認められたのも一種の感慨がありましたが、「ここはどこ?」と思うような素晴らしく美しい所が。
人の姿も手の跡も全く認められない、そんな地の美しさを鳥だけが知っているんだな~と(飛行機とかに乗れば人間も見られるからこそ、撮影されてるわけですが・笑)羨ましいような。
小鳥や雛鳥の姿は見るだけで和みました。
地球は人間の所有物じゃないですよね・・たぶん。
空は翼を持つ者達のもの。
人間が空を飛べたら、空にも人がひしめき合い主張しあって、汚したり戦ったりすることでしょう・・
飛べることに憧れを抱く・・それがちょうどいいのかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2004/11/23 「ワイルド・メン」

ACTOR......トミー・リー・ジョーンズに「ワイルド・メン」を追加。

サイト開設当時から、映画感想のページでは劇場用映画のみ扱ってきたため、TV映画は、俳優のページでのみふれてきています。
今回観た「ワイルド・メン」もTV映画なので、トミー・リー・ジョーンズのページにて。
しかしこの作品、キャストがすっごく豪華で驚いてしまいました。
主演・脚本・監督がトミー本人。
出演者は、テリー・キニー(名前ではわからなかったのですが、顔見てわかりました)、フランシス・マクドーマンド(すごくいいんです、さすがのうまさ)、サム・シェパード(トミーの疫病神的相棒役なんて、こりゃすごいや)、マット・デイモン(農夫の息子役ですからこれも珍しい)、シシー・スペイセク(トミーと息もピッタリ)。
一人、また一人と登場するたびに「おお~」と思うようなあの顔この顔なんですもの。
キャストにも恵まれたトミー渾身の作、大らかな作風と笑顔を楽しみました。
Eさん、ありがとうございました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)