映画(あ行)

更新情報 2017/11/19 「IT」

CINEMA......「IT」の感想をアップ。

何年か前に読んだ原作を思い出しながら観ましたが、そういえば原作のラスト少し前の少年期の部分ですごい展開になり、驚いたものだけど映画ではまさかそんな・・という考えが頭をよぎりました・・。
子役がみんなチャーミングで達者でしたが、ラビの息子スタン役の子に見覚えあるな~と思ってたら、なんとピーター・クイルの子供時代やってたとか。
さらにルンペルシュテルツキンの子供時代もこの子だったとは!もう私が見たの4作目だったんですね、ワイアット・オラフ君。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/8/21 「愛と哀しみのボレロ」

CINEMA......「愛と哀しみのボレロ」の感想をアップ。
ACTRESS......ファニー・アルダンに「愛と哀しみのボレロ」を追加。

1981年の作品なので、もう36年も前・・リアルタイムで映画館で観ました。
当時はただ、フランスの超大作の音楽シーンや雰囲気を楽しんだという感じでしたが、今回久方ぶりに見直して、ストーリーや人間関係はきれいに忘れちゃってるので、殆ど初めて見てる気分(苦笑)。
でも俳優さんの顔は結構覚えてたりで、しかも二役の俳優が多いため、頭の整理が必要になり、パンフを掘り出してきました。
きっと当時も、これだけの規模のストーリーの把握のためにパンフが必要だったんだろうなあ(笑)
置いといてよかったです。今はスペースの問題でパンフ買わなくなっちゃいましたが・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/6/30 「いつまた、君と」

CINEMA......「いつまた、君と」の感想をアップ。

宿題読書からのおつき合い映画。
普段あまり観ないタイプの作品です。
でも真美ちゃんという登場人物に感情移入して泣かされました。
邦画ってスタッフロール短いんだもん、すぐ場内明るくなって、顔のコンディションを戻すには時間が足りないということを知りました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/2/1 「王様と私」

CINEMA......「王様と私」の感想をアップ。

ロジャース&ハマースタインIIの有名ミュージカルの映画化で、王様はかのユル・ブリンナー。
なんと初見だったので、なるほどね~ユル・ブリンナーはイケてるハゲNo.1なのでは・・なんて思いながら楽しみました。
イケハゲといえば、私にとってはエド・ハリスが不動なんですが、ブリンナーは殿堂入りレヴェル(笑)
こんなにもブリンナーがはまっていて印象深い役を、ブロードウェイでやってトニー賞候補になった渡辺謙の凄さに今更ながら感嘆します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/11/29 「アラジン」

CINEMA......「アラジン」の感想をアップ。

ディズニーアニメが連続してますが、特に理由はないです。
「美女と野獣」は、実写のニュースやらトレイラーやらを見かけたせいで、ちゃんとアニメを観たくなったからですが。
「アラジン」に関しては、ジーニーの吹き替えの山ちゃんがすごい。

話変わって、「或る終焉」がインディペンデンス・スピリッツ・アワードに作品賞ノミネート、ティムも主演男優賞にノミネートされているので、ワクワクとしみじみが入り混じっている私です。
来年のスティングのライブも楽しみだ~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/11/5 「インフェルノ」

CINEMA......「インフェルノ」の感想をアップ。

原作は未読で、今回も面白かったけど、過去二作に比べると負けるかも・・というのが、素直な感想です。
でもフィレンツェやヴェネツィアのロケは見入りましたね~また行きたくなっちゃうイタリア。
今、過去の感想読み返したら、「天使と悪魔」★3つしかつけてない・・うーむ、さては過去二作は原作も読んで補完されてるせいで面白さ上乗せになってるからだと思いますね。
近いうちに「天使と悪魔」を見直したいと思っています。
バチカンとローマと、カメルレンゴのユアンが見たいので。
そして「インフェルノ」も原作読まないとですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/8/19 「X-MEN アポカリプス」

CINEMA......「X-MEN アポカリプス」の感想をアップ。
ACTOR......ヒュー・ジャックマンに「X-MEN アポカリプス」を追加。

シリーズものの映画の三作目は大抵ダメというようなセリフが、作品中に出てくるのですが、「ファイナル・ディシジョン」は監督違ってたし、サイクロップス関係が残念だった記憶が最大なんですけど、今回の「アポカリプス」は、私は楽しく見ることが出来ました。
予告だけ見た状態で想像してたより面白かったです。
でも正直言うと、一作目(旧三部作の)が一番好きかもしれません・・・若いプロフェッサーとマグニートーは大好きなんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/7/18 「インディペンデンス・デイ リサージェンス」

CINEMA......「インディペンデンス・デイ リサージェンス」の感想をアップ。
ACTOR......ジェフ・ゴールドブラムに「インディペンデンス・デイ リサージェンス」を追加。

ジェフ・ゴールドブラムを、主演級でたっぷり見られる・・巨大宇宙船よりずっとずっとBIGな出来事でした。
出演作は結構多く日本で公開されてきたものの、最近のジェフは随分と軽い出演のものが多かったんですよ。
一番唖然としたのは、ジョニー・デップやユアン・マクレガーが出てた「チャーリー・モルデカイ」でしたね・・
「えーー、こんだけの出番、しかもこのオチかよー」みたいな。
よかった、すごくいっぱい見られました。まさに彼の「リサージェンス」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2016/6/19 「或る終焉」

CINEMA......「或る終焉」の感想をアップ。
ACTOR......ティム・ロスに「或る終焉」を追加。

2016年の半分過ぎたところですが、早くも今年のBEST1候補の作品と出会えました。
「或る終焉」。
最愛のティム・ロスが素晴らしいってのも勿論あるんですが、なんだろう、ティムが演じたデヴィッドから心が離れなくなってしまったというか・・まんまとミシェル・フランコ監督の腕の確かさにしてやられたというか。
終末期患者の介護をする看護師が主人公なんですが、リアリティがすごくて。
身内に要介護者がいるので、ティムの介護の仕方は実に見事なのがよくわかります。

作品の素晴らしさとは関係ないですが、ウチの要介護者は、デヴィッドが担当したどの患者よりはるかに状態が悪いのですよ、でもまだ生きています。
今の日本にはそういう患者が沢山いて(今後さらにふえるでしょう)、長寿大国ではあるけれど、世界的に見るととても特殊な介護事情なのだと複雑な気持ちになりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

更新情報 2016/2/24 「オクラホマ!」「ゾンビスクール!」

CINEMA......「オクラホマ!」、「ゾンビスクール!」の感想をアップ。
ACTOR......イライジャ・ウッドに「ゾンビスクール!」を追加。

なぜかどちらもタイトルに!のついた作品。
内容はもう全然違いますが。
有名ミュージカルと、コミカルなホラーです。
「オクラホマ!」は、楽曲がよかったですし、「ゾンビスクール!」は、いろいろと細かいことはおいといて、ただ面白くてフフフ・・と腹黒い笑いをしてしまうような映画でした。

さて、私事ですが事情により、しばしの間、IT環境から遠ざかります。
「シャーロック」も「ヘイトフル・エイト」も、復帰してからのお楽しみとする所存です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧