« December 2016 | Main | February 2017 »

January 2017

「スター・ウォーズ バクラの休戦」

「ジェダイの帰還」直後の物語。
皇帝の攻撃で傷ついた体も癒えぬ状態のルークが、新たな戦いに身を投じることになるという。
勿論ソロとレイア、R2D2やC3PO、チューバッカも同行します。
帝国領バクラが、人間のエネルギーを兵器に充填して戦うシ=ルウクというエイリアンの攻撃を受け、弱体化した帝国軍と同盟軍が一時的な休戦条約を結び、共に戦おうとするものの、いつ味方が敵になるかわからないスリリングな陰謀にルーク達が巻き込まれるという筋書きです。
私はEp.6からEp.7までの流れを全然知らないので、その一部を知っただけでも興味深かったです。
不気味な寄生虫とか、トカゲ型エイリアンのシ=ルウクに洗脳されるフォースを持った人間の少年など、結構生理的にエグイ描写があったりするのですが、ルークの恋も出てくるし、なかなかユニークな話でした。(★★★)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/1/24 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

CINEMA......「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の感想をアップ。

確か「ジャージー・ボーイズ」が評判になっていた頃、音楽がとてもいいと評判になってた他の映画の中によく名前があがっていた記憶があります。
納得でした!!
いつでもどこでも音楽と一緒で、即席の気持ちいい空間を作りたいという思いにすごく共感できるので、ピーター・クイルと共に気分がノッてしまったというのは大きいです。
「チェチェチェチェチェチェチェチェ、チェリーボーーーゥム♪」
ロケットとグルートが好きなんですよ~最高だ、あの二人。
5月公開のvol.2は映画館で観ること決定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/1/19 「バーン・ノーティス」

ACTOR......ジェフリー・ドノヴァンに「バーン・ノーティス」を加筆。

「バーン・ノーティス」をシーズン7の最後まで見終わったので。
サム・アックスのSPバージョンも観たし、見落としたものはない筈です。
マイケル(というかドノヴァン)の笑顔と、笑った時の目がすごく好きなのに、あんまり笑ってくれなくなっちゃってさあ~~そこは結構寂しかったんですが、サムちゃんとかフィーとかレギュラー陣大好きでした。

さ、これで今の海外ドラマのお楽しみは「エレメンタリー」一本に。
本数多いと追いきれないので、シャーロックとジョーンとグレグソン警部は、放映中のシーズン1見終えたら、シーズン4までガンガン追いかけたい所存です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/1/16 「贖罪の街」

CINEMA......「贖罪の街」の感想をアップ。
ACTOR.......ハーヴェイ・カイテルに「贖罪の街」を追加。

オリジナルと比較する方には、後ろ向き意見が多いようですが、私はオリジナル未見のため、単独で十分堪能しましたよ。
フォレスト・ウィテカーとブレンダ・ブレッシン、共にすごくよかったですし。
「ローグ・ワン」(結局2回観ました)にも、ウィテカーはかなり重要な役で出ていたけど、私はいつも、この人の真価は主演作を観ないとわからないと思います。
そう言いながら、オスカー受賞作品とかまだ観てないんですけど(^^;)
役者としての素晴らしさと人間性の魅力(特に優しさ)が,全身からあふれる俳優だと、今回また強く思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/1/10 「聖杯たちの騎士」

CINEMA......「聖杯たちの騎士」の感想をアップ。
ACTRESS......ナタリー・ポートマンに「聖杯たちの騎士」を追加。

カメラがとても魅力的で、写真を撮る時にどんな構図で、光や陰を生かしたら素敵なものになるかをいろいろと勉強させてくれるような作品でした。
主演のクリスチャン・ベイルも絵になっていたし、ナタリー・ポートマンもよかったですが、その美しさに圧倒されたのがケイト・ブランシェット。
黒のシンプルな衣装で、肩にかかる無造作なブロンドヘア。
ベイルの腕の中で、金髪が乱れるだけで、すごく官能的で美しくて息をのみました。
次々と見せられる美しい映像だけで、満足させられる作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「インフェルノ」

原作、充分おもしろいんですけど。
映画では、登場人物に関していくつか、そしてダンテじゃない方の「インフェルノ」に大きな改変があります。
これが吉と出たか凶と出たか・・ラングドンシリーズの映画化はこれで打ち止めではないか、と言われてしまう結果になってしまったのが残念です。
原作は映画よりうんと面白かったですよ、「天使と悪魔」もそうだったですが。
WHO最高責任者エリザベス・シンスキーの在り方はともかく、シエナ・ブルックスとか総監に関しては、ある面で白と黒ほどの違いがあるかもしれないし。
小説だからできる伏線のはり方というのも巧妙になされています。
フィレンツェ街内の描写が細やかなので、思わず地図引っ張り出してラングドンの動きを確認してしまったし、旅行時の写真引っ張り出して思い出に耽ってしまったし・・楽しい!!
ジョン・ブラウンは、蘊蓄の豊富さに加えて、観光手引きの魅力もまた大きいですね。(★★★★)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2017/1/3 「マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

CINEMA......「マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の感想をアップ。
ACTOR......ユアン・マクレガーに「マイルス・デイヴィス 空白の5年間」を追加。

あけましておめでとうございます。
昨年の映画館見納めが、マイルス・デイヴィスの映画でした。
いつもギリギリでチケットとったりしてましたが、思ったより沢山の映画を観に行けた一年だったように思います。
今年はどうかなあ・・行ける時にパッと行くという姿勢を続けていきたいと思っています。
今は、ネット予約で時間ギリギリに行くことが可能になった所が多いのがありがたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »