« 「緋色の研究」 | Main | 4月のアクセスTOP3 »

更新情報 2011/4/30 「シティ・オブ・エンジェル」

CINEMA......「シティ・オブ・エンジェル」の感想をアップ。
ACTRESS......メグ・ライアンに「シティ・オブ・エンジェル」を追加。

「ベルリン 天使の詩」では、人々に寄り添う天使の姿を見ただけで感動させられたのですが、LAが舞台のこの作品では、あんまりしっくりきませんでした・・。
でも、永遠のものではないとわかっていても、というより永遠ではないからこそ美しくかけがえのない、人間の生の歓びというものを感動的に謳いあげていたと思いました。
メグ・ライアン、チャーミングだったし。

|

« 「緋色の研究」 | Main | 4月のアクセスTOP3 »

映画(さ行)」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。アタシも
ニコラス・ケイジさんがちょっと・・でした(苦笑)
でも、うん、メグ・ライアンさんチャーミングでしたよね。
まりりんさんのレビューにもあったように
ショートカットでさっぱりした感じが
アメリカ版の雰囲気にあっていたかもです。
オリジナルの『ベルリン天使の詩』の
切なく美しい世界が好きだったので舞台が
LAだとカラリとしすぎている思いましたが
これはこれでOKかなとも思いました。
メグさん好きなので、もっと映画出てほしいです。
年を重ねてもチャーミングですよね。

Posted by: ガオ | May 06, 2011 at 07:09 PM

ガオさん、こんばんは♪
この映画を観ながら、どうして「ベルリン 天使の詩」はあんなにも美しかったのだろう・・とずっと考えていました・・。
天使が寄り添っているだけで涙が出そうなほど素敵でしたよね。
LAはシティ・オブ・エンジェルではないと言ってしまうと言いすぎかも知れませんが、なんかやっぱり違う気はしました。
メグの映画は最近みんな日本では未公開なんですよね、ちょっと寂しいです。

Posted by: まりりん | May 06, 2011 at 08:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28496/51534221

Listed below are links to weblogs that reference 更新情報 2011/4/30 「シティ・オブ・エンジェル」:

« 「緋色の研究」 | Main | 4月のアクセスTOP3 »