« 更新情報 2005/7/20 「ルル・オン・ザ・ブリッジ」 | Main | 縄文VS弥生 »

更新情報 2005/7/24 「スターウォーズ Ep.3 シスの復讐」

CINEMA......「スターウォーズ Ep.3 シスの復讐」の感想をアップ。
ACTOR......ユアン・マクレガーに 「スターウォーズ Ep.3 シスの復讐」を追加。
ACTRESS......ナタリー・ポートマンに 「スターウォーズ Ep.3 シスの復讐」を追加。

そうか、だから皇帝の顔はあんなだったのか~・・。
そうか、ダース・ベイダーの"中身"はあんなことになっていたのか~・・。
そして今、チューバッカとハン・ソロのなれそめを知りたいと思っています。
オビワンとクワイ=ガンの邂逅の様子を知りたいと思っています。

あの感動的なラストを見てしまったので、勢いでトリロジーBOXを買ってしまいました。
うちには旧三部作の録画ビデオがあり、子供達はそちらに親しんできたのですが、つい。
「クローン大戦」も機会があれば観たいと思い始めており、小説が読みたくなってきたという・・さて、どうしようかな。
まずは本屋で手にとってみてから考えよう・・なんか調べてみたらいろいろな著者による沢山の話が出ているみたいだし。

それにしても今回は、オビワンにひどく肩入れしてしまいました。
かつて目の前で師を殺され、託された少年を"選ばれし者"と信じて育ててきたのに、あっさり最大の敵に横取りされるんですから。
そんな思いをしてきても崩れないのは、ジェダイとしての彼の資質の高さゆえなのでしょうか・・
タトゥーインで一人砂にまみれた生活を続ける彼の元にも、「オビワン、今は待つのだ」とか言うクワイ=ガンが寄り添っていたのでしょうか。
・・そうであってほしいよねぇ、いくらオビワンでもつらい夜もあっただろうから。

|

« 更新情報 2005/7/20 「ルル・オン・ザ・ブリッジ」 | Main | 縄文VS弥生 »

映画(さ行)」カテゴリの記事

Comments

メイス・ウィドウのフォースは、本来はライト・セイバーいらん…って程『強い』らしいので、皇帝の顔がああなったのもなんとなく理解できそうでした、が、やっぱりヨーダ様、そんなに戦えるのに、なして普段は『杖』ついてたり、他人に『おんぶ』されてたりするのだ~?エネルギー節約してるのかしら?チューバッカとソロのなれそめや、ガン=ジンとオビ=ワンの師弟関係も、もう少しちゃんと書いて欲しかったです…たとえ『アナキンの贖罪の物語』が主体になってるにしても、やっぱり脇も固めないと~。ルーカスはTVシリーズで、もう一作つくるらしいですが、これだけ色んな方によるサイドストーリーが出てたりすると、どの方のものを採用していいのか判らなくなりますねぇ…。
『EP3』では、オビ=ワンとアナキン、両方の気持ちや立場に立った身として、どちらでも辛いことは確かかもしれないです。

Posted by: HAYATE | July 29, 2005 at 07:33 PM

メイス~~、あの対決シーンはメイスの強さはよくわかったものの、決着のつき方には呆気にとられてしまいました。
ヨーダはEp.5でリー様相手にすごい腕を披露してくれちゃったので、あれ以来、杖もご老体ぶりもポーズかと思っていました(笑)
ソロとチューバッカのなれそめは気になりますよね、いずれまたどこかで描かれるのでしょうか・・
小説読んでみようかと思ったのですが、"その後"を描いたサイドストーリーの多さにまず驚いてしまいました。

Posted by: まりりん | July 30, 2005 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28496/5129093

Listed below are links to weblogs that reference 更新情報 2005/7/24 「スターウォーズ Ep.3 シスの復讐」:

» スターウォーズエピソード3・シスの復讐 どうしてマスター・ヨーダは杖が必要なのだろう?? [Blog・キネマ文化論]
●スターウォーズエピソード3・シスの復讐をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 SF映画 [Read More]

Tracked on July 25, 2005 at 03:55 PM

« 更新情報 2005/7/20 「ルル・オン・ザ・ブリッジ」 | Main | 縄文VS弥生 »