更新情報 2018/5/14 「君の名前で僕を呼んで」

CINEMA......「君の名前で僕を呼んで」の感想をアップ。

映像も音楽も魅力的で、生命の輝きを強く感じさせる作品でした。
なんていうか、生きている実感や歓びを肯定するというか。
封じ込めるには、あまりに甘美すぎる感覚的歓びを、手の届かない所から見ているような、そんな気分でした。
イタリアの夏も、ティモシー・シャラメもアーミー・ハマーも美しい。
そしてラヴェルのピアノ曲がまた美しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018/5/6 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

CINEMA......「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の感想をアップ。

実はもう2回観に行ってしまいました。
「エイジ・オブ・ウルトロン」とか「シビル・ウォー」とか他にもいくつも未見なので、ヴィジョンとかワンダとか初めましてな方が何人もいらしたんですけども。
GotG愛の強さに我ながらビックリ(笑)
ロケットイチオシ、これは変わらない!一年後を待ってます・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/4/30 「ハードコア」

CINEMA......「ハードコア」の感想をアップ。
ACTOR......ティム・ロスに「ハードコア」を追加。

映画館で観るのは不安で断念したのですが、家で見たら無事完走、やった~(笑)
画面酔い起こしたら休憩して、ちょびちょび見よう・・なんて覚悟してたんですが、やっぱりブレブレで、やばそうな気がしてきたら視点を少しずらしたりして直視を回避、結局ノンストップでいけてしまったのでよかったです。
全編POVで面白い凄い映像が沢山見られたし、ちゃんと緩急もつけてあるし、テンションアゲアゲになる音楽もいいし、作品としては私はかなり楽しめました。
ただカメラレンズの特性ゆえ、接近した直線が(ドア枠とか)湾曲しちゃうのが残念~しょうがないけれど。
あとは画面酔いが観賞の妨げになることですね・・これが見る人を限定しちゃいますよね、どうしても。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/4/17 「アルゴ」

CINEMA......「アルゴ」の感想をアップ。

もっと早く観たかった作品ですが・・。
監督としてのベン・アフレックの腕の確かさは、「ザ・タウン」で知っていましたが、やっぱり「アルゴ」は見事な出来でした・・。
実は、俳優としても、今まで見たベン・アフレックで一番好きです。
ヒゲすごく似合うと思う・・
救出対象の6人の中にクレア・デュバルがいたり、「この女性、絶対見たことある」と思ってたのが「グランドピアノ」のケリー・ビシェだったり(思い出せず調べました^^;)、アラン・アーキンとジョン・グッドマンもよかったし、ヴィクター・ガーバーさんいたし、ブライアン・クランストンもかっこよかったし、とても楽しめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/4/11 「トレイン・ミッション」

CINEMA......「トレイン・ミッション」の感想をアップ。
ACTOR......サム・ニールに「トレイン・ミッション」を追加。

「ハンター」を見た時に、サム・ニールについて調べていて「トレイン・ミッション」に出演していることを知り、観たがってたダンナに付き合うことに。
「サム・ニール出てるらしいから、いいよ観に行っても」
リーアム・ニーソンのアクションもの見たのは、「ラン・オールナイト」以来です。
TVでやってた「フライト・ゲーム」は途中離脱してきちんと全部見てないので・・ジュリアン・ムーア、ルピタ・ニョンゴにまさかのライナス・ローチ!(ショックな顛末)に加えて、「ハウス・オブ・カード」の可哀想な議員さんピーター・ルッソ(コリー・ストール)が出てたのは把握済ですが。
「フライト・ゲーム」も最後までちゃんと見たらよかったな~なんて、今ちょっと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/4/8 「白雪姫と鏡の女王」

CINEMA......「白雪姫と鏡の女王」の感想をアップ。

アーミー・ハマー見たさで随分前に録画してあったのを見たんですが、「ワンス・アポン・ア・タイム」を先に見てきてるので、白雪姫の女性像のアレンジにも既視感があり、今の時代はやはりこうくるんだなあ・・と思いました。
魔法には代償が~というくだりも、「ワンス~」の、魔法には代価がつきものというのを思い出して、「ワンス~」懐かしくなっちゃいましたね~アメリカではいよいよ放送終わるのに、日本ではシーズン5放送まだですか~?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/4/3 「ハンター」

CINEMA......「ハンター」の感想をアップ。
ACTOR......サム・ニールに「ハンター」を追加。

劇場公開時、観に行きたかったものの(確かシネパトスだった気が)、予定が合わず見送りになってしまったのですが、こんなにも、混んでない映画館でじっくり浸りたいと心底思うような、いい作品だったとは・・。
「ウィレム・デフォーの出演作でいいの教えて」と訊かれることがあったら、これを一番に推そうと思います。
最高じゃないですか、これ・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/3/26 「紅の豚」

CINEMA......「紅の豚」の感想をアップ。

宮崎駿氏は、本当に飛行機が好きなんですね。
この話は、正確には飛行艇ですが。
飛行艇。イタリア。いい男。いい女。
大人な内容の、素敵な作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報 2018/3/20 「ミッション・ワイルド」

CINEMA......「ミッション・ワイルド」の感想をアップ。
ACTOR......トミー・リー・ジョーンズに「ミッション・ワイルド」を追加。

アメリカの西部開拓時代といえば、映画でまずイメージするのが西部劇で、インディアンに無法者、馬と銃、強いアメリカの原点みたいなロマンを感じさせますが、この作品は今まで知らなかった女性達の生きづらさが描かれていて、物事のある一面しか知らないってのは怖いことなんだな・・とちょっと思わされました。
見てて「うわ・・」と思うような、衝撃的なシーンが静かに美しく(映像がとにかく美しい)描かれていて、結構後まで気持ち的にひきずります・・。
河に蹴落とされた墓標のように、知らない人は気にも留めないことかも知れませんし、時が過ぎれば忘れられてしまうことかも知れないんでしょうけど・・ラストシーンは象徴的でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

更新情報 2018/3/12 「15時17分、パリ行き」

CINEMA......「15時17分、パリ行き」の感想をアップ。
ACTOR......クリント・イーストウッドに「15時17分、パリ行き」を追加。

高齢であることを考えると、イーストウッドの監督作品をあと何作見られるだろうか・・というのが頭をよぎります。
で、テロ阻止までのさまざまなことが皆、そこに収束するまでの必然であったような語り口で、当事者達がそのまま、ごく自然体で再現しているのを見ると、人生のある時点での考え方やアクションの起こし方次第で、全ての必然が生き、未来に多くの可能性が生まれるという、すごく前向きなメッセージを受け取ったような気がしました。
なんというか、深く感じ入る作品で、やっぱりイーストウッド凄いです・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«更新情報 2018/3/5 「ビガイルド」